返済の必要性があるかどうかが違う資金調達とその準備

>

基本的な種類や内容の違いを把握して資金調達の準備

公的資金を受ける準備を早めにしよう

国などが運営している公的資金を利用する方法が、具体的な資金調達の手段としてあります。
企業向けの融資を公的機関が行っていますが、手続きなどに時間がかかるので早めに申し込みましょう。
公的な融資を利用するのは、ある程度時間などに余裕をもって資金を準備する場合に良い方法です。
予めどのくらいの期間が実際に融資を受けるまでにかかるか確認をしましょう。

公的な融資は創業したての企業でも融資を受ける事が可能ですが、融資を受ける金額に制限があります。
該当するか確認をして申し込みをする事が大切です。
基準を満たせばまだ設立から間もない企業が、無担保無保障で利用ができる便利な方法です。
経営の実績がないと融資を受けるのが難しいからです。

仕入れ先の交渉と回収していない売掛金

企業を運営するために必要な資金調達をするための具体的な準備で大切なのは売掛金の回収です。
まだ回収していない売掛金の処理を急ぐことで現金が手元に入ります。
売掛金は最も早く企業にとって大切な資金調達が可能であり、特に月末や決算時期を前にもれがないかこれらがないか確認をすると良いです。
入金が遅れている取引先を調べる以外に、入金の時期を早くする交渉をしてみましょう。

支払いを翌月に遅らせるように取引先に交渉するのは資金調達の一つの方法です。
期日をずらすことで資金調達をその間に準備する事が可能になります。
支払いを遅らす事と、入金を急いでもらう事により企業に欠かせない資金調達の具体的な準備をしやすくなります。


この記事をシェアする