返済の必要性があるかどうかが違う資金調達とその準備

>

身近な人達から資金調達

資産の整理や前払金の交渉を同時に進める

企業の資金調達の方法として、複数の方法を併用して準備する事が大切です。
不要な不動産を売却したり、使用していない機械や社用車などを整理しましょう。
会社名義のゴルフ会員権などは場所によっては比較的に高額で取引をしているので、企業のための資金調達をするための具体的な準備になります。
無駄な資産がないかリスト化をしてみましょう。

現金を増やす方法として前払金をお願いする方法があります。
顧客や取引先に前払金が可能相談をするのは有効です。
不要な資産を売却処分するのと、前払金が入金されるのを併用するのが大事なポイントです。
どちらか一つの方法では資金調達が難しくても併用すると、企業で必要な資金が充足する可能性がかなりあります。

補助金や助成金とクラウドファンディング

補助金や助成金そしてクラウドファンディングは、企業が可能な資金調達の具体的な準備としてかなり有効です。
手続きが完了してから指定した口座に振り込まれるので、ある程度の時間が必要になります。
この中でも最近注目されている手段がクラウドファンディングです。
企業のこれからの商品やサービスに対するマーケティングを兼ねて、この方法を利用する企業が増えています。

企業にとって重要な資金調達の準備とマーケティングが同時に行えるのでかなり便利です。
新しい企業を支える方法として注目されているクラウドファンディングは、ある程度出資者をつのるのに時間がかかります。
しっかりとした企業の方針を、出資者への資本調達の準備として用意しましょう。


この記事をシェアする